職歴よりも重視すべき事

Pocket

転職の際には職歴よりも人間的な物を見ている場合が多いと思う。

同業種での転職をする場合は以前勤めていた職場での自分自身の実績よりも、これから就く会社で残せる功績の方を大きく主張したほうが良い。

何故なら履歴だけでは文面のみなので形として残らないなので大きな実績があってもそこまで効果が無いからだ。

形が残る様な場合は効果は高いが、ほとんどがその様な事はない。

やはり他業種からでも元気があってこれからの事をはっきりと答える人と、同業種であっても普通の回答をする人なら前者を取る場合が多い。

転職の際の面接を行うのは人間だから結局は良い印象を与えた人の方が優位に立つのだ。

実績は実績で最終的には元気でハッキリとしていて良い印象を与えるように心がけた方が良い。

介護職のような体力勝負の職場なら尚更だろう。