実印は良いものをつくりたい


米国大統領選挙で、米国国防総省ペンタゴンはトランプ氏を支持しており、サンダース候補の政治目標はほぼ同一でしたが、今後、彼が民主社会主義者として、どう動くのか?微妙な立場でもあるようです。

ヨーロッパは殆どの国が民主社会主義国で、共産国はないし共産党も消滅しています。

米国国防総省は新共和国の運営に従事し、米国は新政府通貨を発行準備していると聞きますが、まだその実態は明らかにされていません。

米国国防総省ペンタゴンは、ロシア国プーチン大統領、中国周近平氏と歩調を合わせ、第3次世界大戦にならぬよう同盟し、在米ハザールマフィア組織を追い込み崩壊させるとも聞きますが、それこそ罠とも思えます。

プチーンも今年の念頭でそう発言していましたが、在米ハザール系ユダヤ教徒組織の機関誌であるワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズ、ウオール・ストリート等は、激しいトランプ批判を2016年2月から始めています。

在米ハザール系ユダヤ教徒組織の下部である在日朝鮮人が牛耳る日本国の大手マスコミもトランプ候補批判を展開しています。

なので、NHKはじめ日本国の大手マスコミの本質が見えて来ます。大手マスコミは日本人を棄民扱いする意志で洗脳記事を綴っていますが、日本人は馬鹿ではありません。

日本の大手マスコミを棄民新聞とある程度認識し始めており、全てを信頼しておらず、最近ではテレビを見ない、大手新聞を読まない日本人が80%に近づいています。

日本大手マスコミの崩壊は、加速化しており、皇族や官僚崩壊と併せ、時間の問題と言われています。

贅沢三昧の社会生活が保障され、国民を欺いてきた彼等は、いまや必死の抵抗を露呈し始めました。つまり税金乞食から税金収入がなくなれば、ただの乞食の境遇が待っている事を彼等は知っているからです。