印鑑屋で注文してみた


ギリギリまで隠したサプライズの演出方法にしても、そうしたギミック的手法で
日頃から何とか視聴率を稼ごうとして来た民放のテレビマンが、
こと対岸のNHKに対してよくもそんなことが言えたものだな、という印象があるんであります。

受信料を取る、ある種 “国営的” 立場のNHKはもっとおごそかにすべし・・・・・
というのは、ある面では言える部分はありながら、経緯は別として
実態としてはもはやこの番組に関しては視聴率が命題で一つの物差しになり、
それが視聴者の関心事となってしまっている以上仕方のないことでもあり、
演出が進化していくのは避けて通れない所まで来ているのも事実なんだと思いますね。

その 『演出』 をやり過ぎだとするならば、
それを批判すべき矛先が間違っているのではないか、と。

それを現しているのがまさにこの部分で、それは、当の音楽関係者のこの発言。

>中堅プロダクションの幹部は「歌は世につれ歌につれ-と言われたころの紅白の姿は無かった。今日性が感じられなかった」と手厳しい。