印鑑の種類

Pocket

学術書の出版には、出版助成制度があります。助成団体に申請をして認められると、印刷・製本費用の一部または全部(少数ですが、たまに編集費用の一部まで)が助成されます。初刷分の印税免除が規定されていて、これらによって出版社は出版コストを押さえることが可能になります。

ただし、申請が認められると、その年度中に出版する義務も生じます(単年度予算なんですね)。これは編集者にはありがたいことだそうです。締め切り破りをする著者に泣かされることが多いんでしょう。ただし助成制度にはデメリットもあります。助成に頼りすぎる出版社では、本のクオリティが下がります。また、原稿を煮詰める作業が甘い段階で助成申請が通ってしまうと、原稿をブラッシュアップする作業が間に合わなくなってしまいます。「締め切り」というのは,悪い場合もあるんですね。

「学術書の編集」って、「工場での生産」ではなくて「農業や林業」のイメージを持ちました。「生産する」のではなくて「育てる」イメージです。根気が要る作業ですが、素晴らしい“収穫”があったときには、たぶんとっても嬉しいでしょうね。