初めてネットで名刺作成してみて思ったこと

Pocket

ワイドショーでも何度か報じられてたが、花柳流家元は組織内部の問題と一蹴、だけど地位と同時に莫大な利権、実子を5代目家元に画策するなど、どう考えても私利私欲を剥き出しにしてる。他にも幹部はいるだろうが、政治力では卓越してるんだろうね。この判決が切っ掛けになって、内部で論議されるのか、それとも大山鳴動で終わるのか。

どのような選択が最善か、門外漢には知る由もないが、年長者が経験を前面に打ち出して、他の意見を封殺するのは美しくない。相続とは異なるから血縁関係は二義的、大事なのは組織を盛り立てるのに誰が最適か、そうは言っても伝統芸能だから血筋の正統性は説得力を持つ。一番上手に踊れる人を選べば済むということでもないだろうしね。

人は死ぬまで足掻く生き物だから、活動の限界を年齢で区切る必要はないが、組織全体に影響を及ぼす職務なら、一定年齢で後継に譲って個人で動くべき。年長で権力を握ってたら、周囲も諫言できなくなるが、それを自分の実力と勘違いするのが耄碌。私利私欲に塗れた言動は、あらゆる世界で横行してるけど、盛者必衰の理を知らなきゃね。

花柳流がどれほど名門だとしても、支えるのは門下一人ひとりの弟子。皆から見捨てられたら、千年の歴史でも崩れ落ちる。まして現在が4代目なら、次の代まで組織として生き延びられるか。目の前の利権に心を奪われ、波風立たぬよう息を潜め、先代たちが築き上げた労苦を蔑ろにする。自分が死んだ後まで考えるのが、組織の頂点に立つ責務。