リフォームでやっておきたいこと


ここまでこの作業をやってみると、この曲がWeissのリュート独奏曲に、後にヴァイオリンのオブリガートパートを付けた、という形で出来上がっているという確信が持てます。
もっとも、第1楽章のFantasiaだけは、その形ではなく最初からヴァイオリンパートが想定されていたと思えるフシもあります。
と考えれば・・・・・・Weissの「ドレスデン写本」に含まれるこの曲のリュートパートのタブラチュアが、もともとの「リュート独奏曲」で、そこには冒頭のFantasiaが含まれていなく、EntreeとCouranteが、BWV1025とは順番が変わって、通常の組曲の形であるEntreeが冒頭の曲になっていることとつじつまが合います。

このような形で作られたとすれば納得出来るのですが、このヴァイオリンパートには旋律としての主体性??が薄く、伴奏譜となったリュートの和声に無理矢理従った旋律ということで、不自然な部分が多々見られます。
改めて思うのですが、この曲が(誤解で)バッハの作品とされていた時代から評価が低い理由が納得できます。