サッカー先進国


個人的に、南米や欧州辺りの「サッカー強豪国」、「サッカー先進国」と比べて、
選手そのものの質や日本サッカーの質以外に、サッカー文化等
あらゆる要素を観ても日本は「後進国」の域を未だ出ていないと思ってるのね。
なんたって「世界レベル」という視点でも“歴史の浅い国”。

いやいや、悲願のW杯初出場からここまで、色んな経緯を見れば
充分発展して来たし、選手の質にしてもJリーグの歴史にしても、
他の国と差は縮まって来たじゃないか・・・という向きもあるかも知れない。

けども、選手やプレーの質は除いたとして、国や世論自体への
本当の意味での浸透度、プロスポーツ文化、果ては国民生活における
サッカースポーツの位置づけ等広い視点で観た時、歴史ある国々らと比較すると、
悲願の初出場から概ね進化して来たとされる日本サッカーの歴史に対して
国民世論の中の成熟度という点では、必ずしも比例していないように思うんだなあ。
つまり、サッカー先進国と比べてまだまだ未成熟・・・だと。

  • 霊能者 高知市
  • 霊能者 宇和島市
  • 霊能者 高松市
  • なのに、創り上げられる空気みたいなものは先進国並みのもので、
    その距離感や段差がそのまま違和感として残ってしまう。