アーカイブ | 2016年12月26日

初めてネットで名刺作成してみて思ったこと

ワイドショーでも何度か報じられてたが、花柳流家元は組織内部の問題と一蹴、だけど地位と同時に莫大な利権、実子を5代目家元に画策するなど、どう考えても私利私欲を剥き出しにしてる。他にも幹部はいるだろうが、政治力では卓越してるんだろうね。この判決が切っ掛けになって、内部で論議されるのか、それとも大山鳴動で終わるのか。

どのような選択が最善か、門外漢には知る由もないが、年長者が経験を前面に打ち出して、他の意見を封殺するのは美しくない。相続とは異なるから血縁関係は二義的、大事なのは組織を盛り立てるのに誰が最適か、そうは言っても伝統芸能だから血筋の正統性は説得力を持つ。一番上手に踊れる人を選べば済むということでもないだろうしね。

人は死ぬまで足掻く生き物だから、活動の限界を年齢で区切る必要はないが、組織全体に影響を及ぼす職務なら、一定年齢で後継に譲って個人で動くべき。年長で権力を握ってたら、周囲も諫言できなくなるが、それを自分の実力と勘違いするのが耄碌。私利私欲に塗れた言動は、あらゆる世界で横行してるけど、盛者必衰の理を知らなきゃね。

花柳流がどれほど名門だとしても、支えるのは門下一人ひとりの弟子。皆から見捨てられたら、千年の歴史でも崩れ落ちる。まして現在が4代目なら、次の代まで組織として生き延びられるか。目の前の利権に心を奪われ、波風立たぬよう息を潜め、先代たちが築き上げた労苦を蔑ろにする。自分が死んだ後まで考えるのが、組織の頂点に立つ責務。

この投稿は2016年12月26日に公開されました。

金券ショップで必要な書類

元々検察は法務省管轄、司法の独立とは遠い組織体系。それ以前に法令そのものが議員で決めてるし、とりわけ政治資金規正法など素人目にも笊法。幾らあっても足りないと議員の主張、すべて受け容れ抜け穴ばかりが衆知の事実。利害関係者からの寄付は賄賂、常識に従えば紛れもなく犯罪、そうならないところが日本の法律の摩訶不思議だよね。

金にはあまり縁がないから、金満家の思考はよくわからないけど、600万円程度で騒ぐなということか。事件の推移を捉えれば明らかに口利き、仲介料を寄付名目で受け取れば贈収賄。それで犯罪に足る証拠にならないのは、そこで立件しちゃうと衆参両院から多くの縄付き。政治家が国を憂えず、蔵の管理に勤しむようになって、どれほど経つのか。

日本は小さな島国だけど、経済的に裕福で人口も多い。どのように舵を切るのが最大多数の最大幸福か、俄に決まらないから国会議員の役割は重い。だけど選挙は白紙委任状ではないし、報酬と経費は明確に切り分けられるべき。どれだけ多額を注ごうと公益のためなら認められるけど、どんなに小額でも私腹を肥やすためなら赦されないよね。

  • 金券ショップ 神戸 おいで家
  • 金券ショップ 神戸 お宝ジョニー
  • 金券ショップ 神戸 甲南チケット 垂水駅店
  • それじゃ公益とは何か、少なくとも政治家なら、そこに自分や一族を含めちゃいけないやね。それが与党も野党も利権団体、代理人と称して金を引っ張る最前線。金がなきゃ何もできないと嘯いて、金を集めてるうちに中毒患者、それが間違ってることを示すためにも、甘利氏は法廷で裁かれるべき。特捜部はその機会さえ潰してしまった。

    この投稿は2016年12月26日に公開されました。