アーカイブ | 1月 2016

BOOK AND BED TOKYO とバレンタイン人気お菓子

「バレンタインデーといったらチョコレート」が定番だったのは一昔前のこと。最近はチョコレート以外のモノを差し上げるのが普通化しています。
もっと言うとチョコ以外のスイーツであったり、普段から身に着ける小物であったり、その対象ははさまざまです。毎年バレンタインデーのたびにチョコばかりではときめかない感が増しますし、チョコをプレゼントする相手がチョコが好物じゃないということも理由の一つなんです。
時の流れと共に、思い出に残るものをあげたいという気持ちが強くなってきたのも理由の一つなんでしょう。
そこで、ここではチョコ以外の「食べ物、スイーツ」での人気なものを調査してみました。
チョコ以外の甘いものなら大丈夫、全般的に甘いものが嫌いと、人の嗜好はまちまちですが、甘いのが大丈夫な場合は、洋菓子の方が人気です。ことさら●マフィン●クッキー●マカロン●パイに人気集中です。
その理由として食べる側としては「どこでも手でつまんで食べられる」ところが人気のようです。贈る方からすれば手作りできるところが人気です。
とういわけで、手作りお菓子のレシピがわかる動画を集めてみました。
●定番アップルパイ: https://youtu.be/amTqvnAVJy0
●サクサククッキー: https://youtu.be/Zuyo9jRU9OQ
●初心者の作るマカロン: https://youtu.be/HcaoFNCCKYA
●チョコレートマフィン:https://youtu.be/bCwQoYgYh-o
絶対「プレゼントは手作りお菓子だ」と決めている方は料理本とかでレシピを入手するものありですが、WEBのレシピサイトである【クックパッド】が有名でおススメです。
>>クックパッドサイト: http://cookpad.com/
美味しくて人気のバレンタインお菓子ならココ

この投稿は2016年1月20日に公開されました。

恐ろしいジャカルタ テロよりバレンタインプレゼントに革長財布

革長財布の人気要因はデザインのみならず、使っている革素材の丈夫さも影響を与えます。長財布に合う代表的な革素材は●ブライドルレザー●コードバンレザー●マットーネレザーなどがあります。個々の革の持つ特性などを照らし合わせてみます。
まずはブライドルレザーから。本来はブライドルレザーは馬具に使うために英国が発祥の革です。牛皮が原料で、植物エキスのタンニンでなめした後、蜜蝋を何回も塗り込んで繊維質を引き締めることで十分な耐久性を与えているのです。
こういうふうに製造工程が複雑であるため、革の仕上げまでに5か月ほどかかるのです。そうして完成した革は丈夫だけが取り柄でとても固く、加工縫製が難しく、熟練職人たちの技術が何をおいても必須となっています。
ブライドルレザーが素材の財布は、使い始めの時期は革表面に少しだけ白い粉が吹いたように見えますが、これは革に染み込んだ蜜蝋のもので全然気にしないでください。使い込むほど革表面に高級感のある光沢がでて、優雅な風合いある革長財布に変貌をとげるのが特徴です。
機能的スタイリッシュで喜ばれる革長財布のバレンタインプレゼントならココ

次はコードバンレザーの登場になります。コードバンはスペインが発祥で、毎年ほんの微量だけ生産される農作業をする馬の臀部の革です。馬の臀部と言えば鞭で打たれる部分がゆえに、その強度には仰天します。他には、小量であることが希少価値となり、その道では「革のダイヤモンド」と呼ばれ重宝がられます。
牛革に比べざっと3倍ほど強度があるようですが、その革質は牛革と比べるととても柔らかく弾力がありとても縫製しやすいと言われます。
コードバンレザーで作った革長財布は、持った感じも軟らかで手になじみますが、その耐久性にはウットリさせられます。革の表面には蜜蝋を吹きつける加工が施されていますので、ずっと使っていると光沢感が出て個性的な逸品に大変身してゆくのが特徴です。
ラストに登場はマットーネレザーになります。マットーネはイタリアが発祥で、生後6か月以内の仔牛の皮を利用して加工をした、すごく柔らかな質感の革です。その製造過程は伝統的なもので、タンニンを利用してなめしたあと、時間と労力をかけて天然オイルを染み込ませています。さらに加えて卵白由来のカゼインで加工することで、革表面に独特の光沢と艶を出します。
実は途中までの同様の革の加工で、最後に革にさらに柔らかさを持たせるためにほぐし加工を追加して、表面に出来上がる大量のシボが特徴的な革はミネルバボックスと呼ばれます。
マットーネレザーでできた革長財布は、柔らかくて弾力のある肌触りと革表面の適度なシワが手にしっくりきます。使って年月が経つほど革の繊維がやわらかくなりこれがシワとなり、そもそも持ち合わせる光沢に加えて、独特の光沢を放つ醍醐味がある逸品に変貌をとげてゆくのが特徴です。

この投稿は2016年1月18日に公開されました。

狂犬ちゃん そして防犯カメラ取付

帝国データバンク情報から、防犯カメラ・監視カメラに関連する業者158社を選びその経営状況を調査したそうです。彼らによれば監視カメラ・防犯カメラの市場が目まぐるしく展開していることがわかったといいます。
市場拡大の背景として考えられるのは、世界中を震えさせるテロリズムであったり、いたるところで発生する意味不明な犯罪に、世界的なセキュリティというものへの意識の高まりがある様です。
セキュリティーのやり方の中でも監視の目、防犯の目としてあれよあれよという間に、カメラの取り付けに熱い視線が注がれるようになってきました。2020年の東京オリンピック日本開催に関しては、セキュリティ強化の一環として、監視カメラ取り付けの拡充が予定されています。
そのような中、監視カメラ・防犯カメラの市場拡張を狙う国内メーカーには、どのような目を引く動きがあるのでしょうか?キャノンが、業界世界最大手のスウェーデンのアクシスコミュニケーションズの買収を宣言しました。国内家電トップメーカーのソニーやパナソニックにおいては、高詳細の防犯カメラの開発を公表しています。
一方、業種別の動向でというと、メーカーやそれの卸をする企業は当然業績が拡大しています。なおかつ、その他にも「サービス業」・「建設業」でも業績が伸びているんです。
さらに詳しく言うと、建設業では、防犯・監視カメラの取付が専門の電気通信業者や配線工事業者が恩恵を受けているらしいのです。そして、「サービス業」において業績が伸びている作業内容としては、監視・防犯カメラネットワークシステムのデベロップメント、システム+ソフトウェアの開発業、監視・防犯カメラのリース業やレンタル業とこれらの職種が業績を拡大しています。
意外と防犯カメラ設置に効くサイトはココ

最後に、監視・防犯カメラ関連会社の分布を全国の割合で見た場合に、関東地方に48%、近畿地方に16%、中部地方に14%という分散結果だったといいます。まとめると、全体の80%ほどが集中していることがわかりました。加えて、次に防犯カメラ関連企業が集中しているのは九州地方の11%となっています。

この投稿は2016年1月12日に公開されました。

カナヘイ カフェそれとも防犯カメラ設置ナビ

帝国データバンクの情報によれば、監視カメラ・防犯カメラに関連する会社158社を選びその経営状態を調査した模様です。その内容によれば防犯カメラ・監視カメラの市場が急速に伸びているという結果が得らたといいます。
市場拡大の背景としては、世界中を震撼させるテロであったり、所かまわず発生する理解不能な犯罪に、全国民でセキュリティというものへの意識の高まりが有る様です。
そのやり方の中でも犯罪の証拠を監視する目としてあれよあれよという間に、カメラの設置に関心の目が注がれるようになってきました。2020年の日本開催の東京オリンピックにあたって、セキュリティ強化の一部として、監視カメラ設置の普及が予測されています。
防犯カメラ設置の無料見積もりなら信頼のココ

そのような状況において、防犯カメラ・監視カメラのマーケット展開を狙う国内メーカーには、どのような顕著な動きが見られるのでしょうか?キャノンは、業界世界最大手のスウェーデンのアクシスコミュニケーションズを買収したことを発表しました。国内家電メーカー首位のソニーやパナソニックに至っては、高詳密の監視カメラの開発を宣言しています。
次に、業種別の動向でというと、メーカーやそれの卸をする企業はもちろん業績が拡大しています。おまけに、その他にも「建設業」や「サービス業」でも業績が伸びているんです。
さらに、建設業では、監視・防犯カメラの設置工事を専門にする電気通信・配線工事業者が恩恵にあずかっているようです。そして、「サービス業」の中で業績が伸びている作業内容としては、監視・防犯カメラネットワークシステムのデベロップメント、同システムとソフトウェアの開発業、防犯・監視カメラのリース業やレンタル業といった職種が業績がグンと上がっています。
ここで、防犯カメラ関連会社の分布を割合で見た場合に、中部エリアに14%、近畿エリアに16%、関東エリアに48%という分布だったといいます。まとめると、全体の約80%の業者が集中していることがわかりました。次に防犯カメラ関連会社が集中しているのは九州地方で11%となっています。

この投稿は2016年1月11日に公開されました。

赤西 小栗旬 リフォーム業者の選び方

できるだけ長く今の家に住む秘訣としては定期的なメンテナンスと点検です。なにもしないでそのままならばどんなにきれいな家も汚くなってしまうし、汚れてしまうまでの期間が短くなってしまいます。
壊れやすくなってしまったら建て直せばよいと考えているなら別ですが、通常はなるべく費用をかけずに家を長持ちさせることができるのであれば、そんな嬉しいことはないと思わざるを得ません。
最も一般的なメンテナンスは、家を建ててから10年目で最初の外壁塗装を行い、その後は使用した塗料の耐用年数に応じて既定の期間後に2度目、3度目の外壁と屋根の塗り替えを行うという方法です。
そのほかのメンテナンス方法は、サイディング材で外壁を覆ってしまうというリフォーム方法です。使っている原料にもよりますが、一般的にサイディング材は20年もつと言われますので、20年後に次のメンテナンスを実施すれば良いことになります。
ところで、外壁塗装のリフォームの場合の工事費は、業者により異なります。現に私の家の外壁と屋根の塗装を、複数の業者に直接見積もりをお願いしたところ、250万円から150万円までととその差は100万円でした。差がありすぎて相場がわからない状況になり、何を信じてよいか自分の腑に収めようと努力しました。
そう考えると、重要なのは信頼できる業者に外壁塗装をしてもらうことです。
信頼できる業者はやるべきことをキッチリとしているし、塗装後の無料定期メンテナンスがあり、工事後期間をおいた経過確認や問題ある場所の説明と再塗装工事をすぐに無償でしてくれる外壁塗装業者になります。お客様のことを第一に考えてくれることはもちろんであると考えます。
こんな時には外壁工事の見積もりをたくさんのリフォーム業者に依頼をしてくれる「相見積もりサイト」を使うことが得策です。これらのサイトは、信用できる外壁リフォーム業者を知っていてあなたがリフォーム対象の家のある地域や希望の工事内容からあなたの条件にぴったりの業者3社を選び出して、無料で見積もりをしてくれるという使わない手は無いサイトです。
それら見積もりサイトを利用すると、工事費用は必ず得をします。見積もり依頼は「タダ」ですので、気軽に申込みしたらいいと思います。外壁工事業者にお断わりを入れるのもサイト側で対応しあなたに一切嫌な思いはさせませんので、安心してください。
必ず得する外壁塗装の相見積もりにイイサイト

この投稿は2016年1月9日に公開されました。