アーカイブ | 2015年7月12日

矢口真里 離婚悩んだ!?自分勝手矢口真里

矢口が悩んだ理由は「二度と結婚式したくないから」

正直、訳が分からない理由になっている気がする。

この話は、10日に大阪・カンテレで放送されたバラエティー番組「快傑えみちゃんねる」で、離婚をテーマにしたトークに矢口が加わり、俳優・中村昌也との離婚を悩みに悩んだ瞬間があると初告白。
その理由を「二度と結婚式をしたくないと思ったから」と語った。

矢口の自分勝手な理由に対して、yahooニュースのコメントは391人が書き込みをしている。
以下コメントの一部です。

——————————————————————————————————-

離婚原因は自分にあるのに、次の結婚の可能性を考えて悩むとか何様だよ?
結婚しなけりゃ結婚式もしなくていいんだよ
もうこのネタしかないの分かるけど、自分のしたことははっきり話さないくせに中途半端に結婚のこと話すとか、当事者じゃないけど不快だわ
——————————————————————————————————-

ここ最近の矢口さんって、何故か被害者口調なんですよね…
彼女に対して厳しく叱責する割に遠回しに援護しているタレントもいたりするから、芸能界って理解し難い業界ですよね…
——————————————————————————————————-

ん?
元々結婚するつもりはなかったのに、結婚したけど、
一人の男性だけでは、ダメだったてことじゃない?
また同じことを繰り返すから、結婚はしない方が良い。
——————————————————————————————————-

>「きっかけは私だったので離婚の決意はすごく早かった」
→オマエには決定権は無い

>思いとどまった瞬間が何回もあった。
→オマエが思いとどまっても元旦那は思いとどまらないだろ

>「結婚式を盛大に挙げてしまった。こじんまりやりたかったけど、ダンナさんの名前を知ってほしいがために…」
→離婚後も元旦那に対して上から目線

>「それがつらすぎて、二度と結婚式をしたくないと思った」
→しなくてもいいんだよ
——————————————————————————————————-

元旦那の名前を知ってほしくて・・・
どこまで自分は凄い!って言ってほしいの?
そんなこと言っても無駄だと思いますが。
——————————————————————————————————-

離婚するかしないかを決められるのは
浮気された側です
——————————————————————————————————-

「それがつらすぎて、二度と結婚式をしたくないと思った」

って、まさかまた結婚するつもりなの!?
——————————————————————————————————-

これは式に来てくれた方々に対してもすごく失礼だと思うけど…
こういうのは嘘でも「準備はトラウマレベルに大変だったけど、皆様に恥ずかしくないお披露目が出来てパーティーも楽しんでいただけて良かったです!でも色々あったので次があるとしたらジミ婚かな。」とか言っておくべきところだと思う。
大きい式って、招待された側もすごく大変だし。
芸能界なんて特にじゃない?
——————————————————————————————————-

そんな心配しなくてもいいと思うよ。
誰も祝福なんかしないから。
返信0
——————————————————————————————————-

意味わからん
自分の愚行が原因なのに二度と式を挙げたくないとかわけわからん
ということは今の相手とは結婚しないってことなんだね?
——————————————————————————————————-
コメントの一部にマスコミに対してのコメントがありましたが、
矢口のニュースより他に載せるニュース有るんじゃないかと私も思います。

以上

この投稿は2015年7月12日に公開されました。